2017年5月23日

購書日記(3)

定休日。午前中は仕事。合間に金井美恵子の『待つこと、忘れること?』を読み終え。ここ数日、ひょんなきっかけで読み直していた。この作家への愛憎入り混る複雑な気持ちを確認しつつ。午後はある計画のために同じ中町のテオレマ・カフェの店主さんに時間を割いていただく。これについてはまた別の機会にくわしく。夕方前に荻窪のTitleへ。随分ひさしぶり。前々から気になっていたアーザル・ナフィーシー『テヘランでロリータを読む』と、チママンダ・アディーチェ『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』の二冊を買う。余談だけれど、四月からいっしょに働いている店員のOさんは女性で、そこではフェミニズムの問題を無視することはできないという気持ちが強まってきている。この本が、そうした避けることのできない問題への水先案内人となってくれるだろうか。で、店内のカフェで読書。読みさしの松本清張の短編集を読み終え。目あての「菊枕」はいわゆる「俳壇」へのゴシップ的関心のほか、あまり感じるものがなく不快だったが、芥川賞受賞の「ある「小倉日記」伝」など収穫もあった。その後は同じ青梅街道沿いの古書モンガ堂まで歩き、石田波郷全集の端本と田中冬二の詩集を買う。少し買いすぎた。まだ書きたいことはあるのだけれど、今日はこのあたりで。